読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

仕事 「毎週木曜日の午後は「空白の半日を」」

突発事項に備えてフリーの時間を設けておく 実際の仕事では、突発事項の発生や突然の来客、上司や後輩からの業務命令や難問の相談など、予定外の出来事が起こります。 「何んでこんな時に」・・・ と思わずつぶやいてしまいますが、そのためにスケジュールを…

仕事 「先行逃げ切り」をクセづける

まずは重要な仕事から片づける 一日の前半が終わった段階で重要な仕事にひとまずめやすがついたならば、その日は快適に過ごせるものです。 反対に雑用に追われて、お昼になっても肝心かなめの仕事がはかどっていないと、焦ってしまいます。 また、そんな日に…

「最高の仕事」をゴールデンタイムに入れる

「ゴールデンタイム」に何をするかを決める さて、「自分なりのゴールデンタイム」が分かったとしても、それをうまく活用する 知恵が必要です。 その一つが、ゴールデンタイムに何をするか、スケジュール帳に 前もって書き込んでおくことです。 というのも、…

「自分のゴールデンタイム」を熟知する

「ゴールデンタイム」とは何か 一日の内で最も仕事がはかどる時間帯をご存じですか? 脳が最も冴えていて、スピーディーに作業がこなせる時間帯のことです。 この時間帯のことを「ゴールデンタイム」と名付けるならば、自分のゴールデンタイム を知っておく…

「自社の都合」より「お客様の都合」が第一

消費者が強い時代へ 本当にできる人、本当にできる会社は、どこが違うのかを考えてみると、それは言い 古されていることですが、「お客様第一主義」ということに尽きます。 それは時代も後押ししているように思えます。 というのは、インターネットの普及や…

「捨てる」「忘れる」「立ち止まる」

「ため込む」ことより「捨てる」ことを考えよ スピード時代に特に重視したいことは、次々と現れては流れ去っていく情報や技術、 知識にどう対処するかということです。 かつて情報がこれだけ多く、かつスピーディーに流通していなかった時代には、 情報は効…

「結論を10秒」「対策案を30秒」で説明

報告は簡潔に 報告の仕方が上手な人と下手な人がいます。 下手な人の報告は、まず「何がどうなって」といったふうに事態が生じた順に長々と 説明し、その時々に言い訳のような理由がくっついて、最後にその結果どうなったと 報告するため、聞いているほうは…

Eメールでいいから「報連相」は必ず行う

いつの時代も大切な「報連相」 「報告・連絡・相談」のいわゆる「報連相」は、職場で仕事をしていく時の 必須条件です。 これを怠ると、その人への信頼は落ちていき、評価も下がり、「できない社員」と 烙印を押されてしまいます。 たとえその人個人の仕事と…

「仕事が早い人のデスク」はいつもキレイ

「整理整頓」は仕事が早い人の必須条件 机の上が書類の山で埋まっている人がいます。 仕事が次々にやってくるので、それをこなすのに精一杯で、整理整頓する時間すら ないということでしょうか。 しかし、効率よく仕事をこなしたいのなら、整理整頓を徹底的…

「自分一人でやり遂げる」のはやめる

時には人に任せることを考える 最初から最後まで自分一人でやらないと気が済まない人がいます。 人に手伝ってもらうのは、説明が面倒だし、結局最後は自分が確認しないといけなく なるので非効率だといって、仕事もすべて抱え込んでしまう人がいます。 しか…

仕事が早い人は他人とのアポ取りが違う

[ダメでもともと思い立ったらすぐ実行] 仕事をテキパキと処理し、仕上げが早い人は、他人とのアポを取るのも、 次にあげる2つの意味で早いと言えます。 1.思い立ったらすぐ電話を手にしていること。 2.その面談の日を、「できれば今日か明日はどうで…

仕事は「チェック&アクション」に重点を

仕事後のアフターケアが重要 従来、仕事のサイクルは、実際の現場では特にプラン(立案)とドゥ(実践)に力点 が置かれてきました。 そのための立案には用意周到な調査と十分な時間が充てられ、また何度となく会議 が開かれて検討に検討を重ねたものです。 …

自分の決裁範囲を知る

個々のビジネスマンが「今」「その場」で決着をつけるためには何が必要で しょうか。 まず決裁範囲を予め、上司から了承をとっておくことです。 それとともに個々のビジネスマンが情報ツールをフル活用することです。 もちろん会社サイドもそういったものを…

「最初の30秒」が問われている

瞬時に判断されると心得よ 情報があふれる時代、私たちはその情報を「採り入れるべきかそうでないか」 、その情報が「面白いか面白くないか」を瞬時に判断して選り分けています。 それもデジタル的にYESかNOで決めています。 それは大人だけでなく子供…

パソコンをフル活用せよ

私たちを取り巻く情報環境も大きく変わりました。 以前は何かを調べるためには、書店や図書館へいって 半日がかりで調べたものでした。 しかし今はインターネットで即座に、かつピンポイント で調べることができます。 分厚いデータ集を一頁一頁めくって調べ…

「後から」「後で」は許されない

「待てない!」時代とは言い換えれば、「今」「その場」で決着をつける時代で もあります。 携帯電話もそのために有るといってもいいかもしれません。 以前のように「会社に戻って在庫を調べてからご返事します」 「上司と相談してからお答えします」 といっ…

自分自身で区切りをつける習慣を

この「待てない!」時代の仕事術とは、まず何よりも自分で自分の仕事の タイムリミットを決めてしまうことです。 「○月○日の○時○分までに仕上げる」と、自からに課すことが必要になってきます。 それがないといつまでもダラダラとなってしまいかねません。 …

現代はまず早さが勝負

ドッグイヤーともマウスイヤーとも言われる現代、何よりも「早さ」が重要になって きています。 一言で言えば、「待てない!」が時代のキーワードなのです。 かつて、仕事は正確であることが求められ、早さはその次でした。 そのため正確さを期するために少…