読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

子猫3匹を生き埋めにした鬼畜教師

道草

約2年程まえに発生したとんでもない事件を改めて振り返ってみたい。

今でもあの時の報道を思い出すと涙が禁じ得ない。

それは

 

子猫3匹を生き埋めにした鬼畜教師

 

この事件は千葉県船橋市の・・とある小学校で発生した。

 

ある日のこと・・・一人の教師と子供たち数人が校舎の敷地内で何かをしていた。

 

そのとき三匹の子猫が校舎の敷地内へ迷い込んできた。

f:id:nekotancat:20161108071701j:plain

 

きっとお腹を空かせて食べ物を求めてやってきたのかもしれない 

 

アチョコに人間がいるニャン!!

 

アチョコ へ行けばきっとゴハンくれるかもしれないニャン !!

 

まさかそこに人間の皮を被った悪魔がいるのも知るよしもなく・・・・

 

そして、その教師は子供たちに、「シャベルをもってきなさい」と命令した

 

何も知らない子供たちはシャベルを運んできた・・・

 

「先生は何をするのだろう」・・・・

 

と思っていたら、子供たちに

 

「そこにシャベルで穴を掘りなさい」・・・と言った

 

そこで子供たちは何も知らずにシャベルで穴を掘った

 

そのとたん鬼畜教師はその穴に三匹の子猫を生きたまま放り込み

 

その上に土を被せてしまったのである

 

いわゆる 生き埋め

 

子供たちはこの様子をだまって見守っていたが

 

家に帰ると、それぞれの親に報告した

 

親たち(この場合はPTA)は激怒した

 

アレントモンスターとか、クレーマーなんてものではない

 

親たちは大挙して学校に押しかけた

 

そしてこの非道きわまる鬼畜教師の行為が、教育委員会にも報告された。

 

この様な考えられない鬼畜教師が子供たちを指導していたとは・・・・

 

この教師は、教師として人間として絶対にやってはいけないことを

 

それも子供たちの目の前でやってしまった

 

子供たちは一生このことを忘れないで生きていかねばならない。。。