読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

「最初の30秒」が問われている

仕事

瞬時に判断されると心得よ

情報があふれる時代、私たちはその情報を「採り入れるべきかそうでないか」

、その情報が「面白いか面白くないか」を瞬時に判断して選り分けています。

それもデジタル的にYESかNOで決めています。 

f:id:nekotancat:20161206070703j:plain

それは大人だけでなく子供たちもそうで、言うなら

「1億デジタル判断志向」なのです。

導入部でほとんど決まる

そのような時代の表現に問われるのは、「導入部でどれだけ

短時間で面白そうだと見せることができるか」です。

 最初がダラダラ長ったり、抑揚がなければ、それが

話にしろ、映像にしろ文字にしろ、情報の受け手は摂取するのを止めてしまいます。

言い換えれば、「最初の30秒」で引き付けることができるかどうかが問われる。

 

1. 最初の30秒で聞き手の関心をぐった高める。

2.最初の30秒で読み手の目をがっと開かせる。

3.最初の30秒で観客の心をどきっとさせる。

 

・・・・・ といったことを心がけて表現を練ることが、現代のビジネスマン

    に求められている。