読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

仕事は「チェック&アクション」に重点を

仕事

仕事後のアフターケアが重要

従来、仕事のサイクルは、実際の現場では特にプラン(立案)とドゥ(実践)に力点

が置かれてきました。

そのための立案には用意周到な調査と十分な時間が充てられ、また何度となく会議

が開かれて検討に検討を重ねたものです。

f:id:nekotancat:20161206140353j:plain

そしてできあがった綿密なプランに従って実行された

ものです。 多くのビジネスマンもそれが正しい仕事の

進め方だと思ってきました。

一方でどこの会社でも不十分だったのが 、実行後の

アフターケアであり、「チェック(分析検討)」&

アクション(軌道修正の実施)」ではないでしょうか。

しかし、時代のテンポがこれだけ速くなると、プランに多くの時間をかけていては、

進むものも進みません。

むしろ大切なのは、とりあえず実行して、その後に「チェック&アクション」で

完全なものに修正し、それを次のプランにつなげていくという姿勢もありです。

 

最初から完璧を求めない 

このように考えると、仕事の進め方にも発想の転換が必要になってきます。

「なにがなんでも100%のものを」ではなく「まずは60%なら即座に実行」し、

その後の 「チェック&アクション」に仕事の重点を置くというふうになってきます。

つまり、最初の「プラン&ドゥ」ではなく、 「チェック&アクション」した後の次

のサイクルの「プラン&ドゥ」がポイントなのです。

 

リニューアルを繰り返して完成させる 

そのいい例が、インターネットのホームページです。

f:id:nekotancat:20161205063058p:plain

 有名な会社のホームページなど、どんどんリニューアル

して、内容を充実させています。

時には「工事中」といった表示も見られます。

そうやって後日修正を当然のこととして順次完成度の高いものに仕上げていくのが

インターネットの仕事の進め方なのかもしれません。