読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

 おもしろチャンネル

画面右のカテゴリーをクリックで記事一覧表を表示

Eメールでいいから「報連相」は必ず行う

仕事

いつの時代も大切な「報連相

「報告・連絡・相談」のいわゆる「報連相」は、職場で仕事をしていく時の

必須条件です。

これを怠ると、その人への信頼は落ちていき、評価も下がり、「できない社員」と

烙印を押されてしまいます。

たとえその人個人の仕事として完全に任されたとしても、それは組織が目標を

達成するための仕事であるから、自分の仕事に関しての報告の義務は怠っては

ならないのです。

むしろ任された仕事ほどこまめに報告し、途中経過を連絡するように心がけるべきでしょう。

f:id:nekotancat:20161212141252p:plain

報告に便利なのはEメール

そういった際に、便利なのがEメールです。

というのも、連絡したい時に上司がいなかったりすると、結局、伝えられなかったりということになってしまいます。

それだったら、まずはポイントを押さえた報告文にして上司にEメールを送れば

いいのです。

上司がそれを見て問題があると感じたら、質問してくるでしょうから、その時に詳しい

ことを報告し、時には相談すればいいのです。

 

報告があると上司は安心する

ただし、Eメールは相手がいつ見るか分らないので急ぎの報告には不向きです。

また、極めて重要な要件も不向きです。

むしろつい報告を忘れがちな案件や途中報告といったものを 、Eメールで送って

おくのがいいでしょう。

もちろん上司がEメールを利用していないのなら、メモ書きを上司の机の上に置いて

おくのも手です。

またそれだけでも上司は安心するものです。

 

「掲示板」で情報を共有する

上司のほうも部下にさまざまな情報を連絡していく必要があります。

上司だけ知っていて、部下は知らなかったというのは、部下のやる気の喪失にもつ

ながりかねません。

全員への連絡事項なのに何人かの部下がその時に不在だったので、結局不在の人

には連絡を忘れたということがあります。

それだったら、例えば社内イントラに「掲示板コーナー」をつくってそこに記載

するか、全員が個人アドレスを持っているのなら同時送信すればいいのです。